「生姜(しょうが)」~冷凍保存&解凍の方法~薬味用・すりおろしなど

生姜を冷凍保存する方法

冷凍「生姜」保存期間の目安:1か月

殺菌作用・消化促進・風邪予防・冷え性に良い…など
夏も冬も活躍する生姜。名脇役の野菜です。

刺身に生姜を添えたり、足の速い魚(痛みやすいサバやイワシ)を煮る時に入れたり、
殺菌以外に生臭さ緩和にも役立ちます。昔ながらの食べ方の知恵は凄いですね。

常備して使いたい時、早めに生のまま使う分と
冷凍保存してゆっくり使う分を上手く分ると便利です。

Sponsored Link

生のまま冷蔵庫で保管する時は、
ビニール袋から出してキッチンペーパーにしっかり包み、野菜室で保管。
乾燥防止と冷気除けになります。
袋に入ったまま放置保存すると、痛んだり乾燥して使えなくなりますものね。

冷凍する時のコツ

乾燥生姜について

冷え性対策には、生よりも乾燥生姜がより良いと言われますが、
乾燥生姜の保存方法として「湿気させない冷凍保存」が重宝します。
空気に触れさせないように密閉して、冷凍庫に収納するだけです。

生の生姜、下準備

「薬味に使う時」は、小さい塊に分けてそのまま凍らせます。
殺菌目的で使う場合、切り口が空気に触れる時間を短くする必要があるからです。

使いきりサイズにカット

  1. 洗った水気はキッチンペーパーで取る
  2. 小さい塊のままラップに包む
  3. 冷凍保存用の密閉出来る袋や容器に入れ、日付けメモを記入

ラップで包んだ生姜

保存袋に入れて冷凍庫へ

「風味付けや臭み消しなどで使う時」は、カットして冷凍します。

  1. 洗った水気をキッチンペーパーで取る
  2. 千切りやスライスにカット、またはすりおろす
  3. 1回の必要量をラップに包んで小分けしておく
  4. 冷凍保存用の密閉出来る袋や容器に入れ、日付けメモを記入

千切りしょうが

おろししょうが

しょうがを袋に入れる

※ラップに包む時も袋に入れる時も、早く凍るように平らにする。

保存する時のコツ

特にすりおろしてから冷凍した生姜は大変溶けやすいので、
余分に溶かしてしまわないよう注意。

良く使うものは、サッと出し入れ出来る
冷凍庫の良く見える所に収納しておきましょう。

解凍する時のコツ

凍ったまま、使う

どんな形のものでも、凍ったまま使います。
余分な汁気が出るのを防げます。
加熱調理に入れる以外に、そのまま加熱なしで食べることも可能。

塊で冷凍保存したものも、凍ったまますりおろして使えばOK。
肉魚調理用としてスライスなどにカットしたい時は、半解凍してからカットを。

凍った姿&凍ったまますりおろした画像↓
持つ手が冷たいけど、堅さ的には意外と楽にすれました。

凍った生姜

冷凍生姜をすりおろす

たとえば、冷麦のつゆに凍ったすりおろし生姜をそのまま入れる場合、
薄く凍った生姜は簡単に折って分けられるので便利。

つゆに入れれば自然に解けます。
しょうがの風味が消えていないので、風味付けに使えますよ。

凍った姿。↓

凍った、しょうが

凍った生姜を折って使うと便利

生を保管して使うよりも気軽に使えるので、重宝しています。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ