「しらす・ちりめんじゃこ」~冷凍保存&解凍の方法~、長めに便利に使える

しらすを冷凍保存

冷凍「しらす・ちりめんじゃこ」保存期間の目安:3~4週間

冷凍する時のコツ

「解凍せずに使える」ので、便利な素材です。
柔らかいタイプでも塩分が多いので凍ってもパラパラ♪

柔らかいタイプも乾燥して固いタイプも、
早めにフレッシュな内に冷凍保存しておきましょう。

Sponsored Link

そのまま食べれるし骨もない、気軽にカルシウムが取れるので
日頃の料理にも取り入れたい食品ですよね。
冷凍保存なら少し長めに保存できるので、少量づつ使えて重宝します。

下準備

開封する前なら、そのまま冷凍庫行きでもOK。
(袋に入っている場合は平らにしてから)
開封後は、空気を抜いて保存を。

しらすのパック

  1. 開封後は、適量をラップで小分けにしておく
  2. 冷凍保存用の密閉出来る袋や容器に入れ、日付けメモを記入

保存する時のコツ

乾燥していない柔らかいしらすを
買った時のトレーなどの容器から保存ラップ・保存袋に移し替える時、
デコボコした「トレーにひっついてしまい」きれいに取れなくて困る・・・
そんな時に使えるコツ!

未開封のまま一旦凍らせると、簡単にきれいに移し替えることが出来ます。

凍ったしらすが「柔らかめのブロック」になるので、
ラップを敷いた上でトレーを(プッチンプリンの様に)逆さまにすると
ポコッときれいにトレーから離れますよ。

解けないうちに、手早く作業してくださいね。

※お好みで、適量に小分けして保存してください。
画像では、1パック全部をまとめてラップに包んで保存袋に入れています。

凍ったしらす

解凍する時のコツ

凍ったまま、散らして使う

冷凍後も、ちょっと揉めばパラパラになるので
凍ったまま納豆や大根おろしに混ぜて美味しく食べられます。
熱いご飯に振りかけて食べても美味しいですよ。

冷奴やサラダにも凍ったまま散らして使えますが、
柔らかく水分の多いタイプのしらすは解けると水っぽくなります!
気にならない方は食べる直前に振りかけて使うといいかも。
暑い夏に試したら、冷たい口当たりがクールダウンにちょうど良かったですよ。

冷蔵庫や冷水で解凍して使う

冷蔵庫にて解凍を。(水気を取りたいなら、キッチンペーパーに乗せて)
急ぐなら、冷水で溶かした後にキッチンペーパーで水気を取ります。

凍ったまま使う

凍ったまま、加熱調理に使う

チャーハンの具などに使う時は、凍ったまま調理してください。
もちろん加熱はしっかりと!

ごま油などで良く炒って、調味料で味付けしたものを冷奴や
サラダのトッピングに使っても美味しいですよね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ