「まいたけ・生しいたけ・えのき・ぶなしめじ・エリンギ」~冷凍保存&解凍の方法~

kf065

冷凍「まいたけ・生しいたけ・えのき・ぶなしめじ・エリンギ」
保存期間の目安:1か月

冷凍する時のコツ

きのこ類は、「生のまま」冷凍保存出来るから簡単!
しかも嬉しいことに、冷凍すると「旨味がアップ」して風味が良くなります。
(きのこ好きな私が実際に試食すると、確かに風味が良いと感じました。)

風邪予防やダイエットに活躍する「きのこ類」を
うっかり使い忘れてダメにする前に、すぐ使わない分は冷凍保存しちゃいましょう。

Sponsored Link

下準備

きのこの旨味が流れてしまうので、水洗いはしなくてOk!
気になる場合は、濡れふきんで拭く程度で。

きのこに付いたオガクズや固い石突部分は、取り除いてください。
(冷凍後、すぐ使えるように処理するイメージ)

  1. 生しいたけ・エリンギは包丁でスライスしておく
  2. えのき・ぶなしめじは手でほぐして小房に分ける
  3. まいたけはお好みで、包丁でスライスor手で裂く
  4. 冷凍保存用の密閉出来る袋や容器に入れ、日付けメモを記入

えのきを小房に分ける

※適量をラップで小分けにしてから、袋に入れてもOK。

しいたけ

まいたけ

保存袋に入れたえのき

保存する時のコツ

ゆっくり凍らせた方が美味しくなるらしい!
そんな時は、新聞紙で包んでから冷凍保存。

私は新聞取ってないので、代用策として紙袋に包みました。

袋に入れて冷凍

同じ料理で使う予定のきのこ数種類を同じ保存袋に入れて、
「きのこミックス」状態で冷凍しても便利ですよ!
調理を考慮すると、大きさは均等にしておいた方が良いでしょう。

きのこミックス

解凍する時のコツ

凍ったまま、加熱調理に使う

自然解凍はNG!
凍ったまま調理してください。

汁気が出てしまい、旨味も一緒に逃げてしまうと参考書に書いてありました。

凍った、しいたけ

凍った、まいたけ

凍らせた、きのこ類↑ 手でほぐすとパラパラと分かれます。
冷たいけど、手でほぐしながら調理に使うとあっという間に解けます。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ