「油あげ」~冷凍保存&解凍の方法~、油抜きも簡単に済ませたい

油揚げ

冷凍「油あげ」保存期間の目安:3~4週間

少しずつ使いたいけど、たくさん買うと安い・・・
賞味期限が短い食材なので、冷凍保存が便利です。

油が酸化すると風味が落ちてしまうので、
すぐ使えない分はフレッシュなうちに冷凍保存しておきましょう。

Sponsored Link

冷凍する時のコツ

下準備 : 四角い油揚げ

最初に、油抜きをしておくと後で便利です。
油抜きをすると、味が染み込みやすくなる利点があります。
カロリーを減らしたい時にも良いですよね。

油の吸収率が良いキッチンペーパーを使うと楽に油抜きできます。
しっかり油抜きしたい時は、電子レンジで30秒ほど温めてから。
気にしないなら電子レンジ作業なしでOK。

  1. (油抜き)油揚げをキッチンペーパーで包む
  2. (油抜き)紙の上から手で押して、紙に油気を染み込ませるようにする
  3. 油揚げを一枚ずつラップで包む
  4. または、細切りにカットしてラップで平らに包む
  5. 冷凍保存用の密閉出来る袋や容器に入れ、日付けメモを記入

※袋に入れる時は、早く凍るように平らにする。

一回の使用量がまるまる1枚では多い場合は、半分などにカットしてから
ラップに包んで小分けして冷凍すると便利です。

下準備なし : 市販のカットしてあるタイプ

カット油揚げ

四角い油揚げの方が安価ですが、細くカットして売られているタイプは
下準備の手間要らずで大変便利です。
画像は、私が好きな厚めタイプのカット油揚げ。

  • 買って、平らに薄く延ばして、そのまま冷凍庫へ。

便利な油揚げ

袋を開けた後は、密閉出来るように工夫して保存してください。

保存する時のコツ

下味を付けて保存するのも便利ですよ。
つけだれが油揚げに染み込んで、美味しく手早い調理ができます。

下準備 : 味を付けて保存(冷凍保存の目安3~4週間)

調味料はお好みで構いませんが、ここでは2種類のレシピを紹介します。

しょうゆ×生姜の、さっぱりたれ

卵とじの具など、料理の味付けとして使えます。

たれ分量は油揚げ2枚の場合、
「しょうゆ(大さじ2)、みりん(大さじ2)、すりおろし生姜(適量)」です。
油揚げは、凍らせる前に「たれ」に漬け込んでくださいね。

  1. 1cm幅くらいの細切りにする
  2. 密閉出来る保存袋に、切った油揚げと作った「たれ」を一緒に入れる
  3. 袋ごと手でもんで、油揚げに「たれ」を馴染ませる
  4. 食材を平に整えたながら、袋の中の空気を抜いて密閉する
  5. 日付けメモを記入して、冷凍庫へ
甘辛たれ

いなり寿司を作る時に使えます。
甘辛たれは家庭や好みによって味が多様ですが、一例を紹介。

いなり寿司12個(中に入れる酢飯は2合)たれ分量は長方形の油揚げ6枚の場合、
「水orだし汁(200cc)、砂糖(大さじ4)、しょうゆ(大さじ4)、みりん(大さじ4)」。
油揚げは、凍らせる前に「たれ」で煮てください。

【関連】いなり寿司の味付け、人気レシピ3種

  1. 油抜きする(方法は、前項目「冷凍のコツ」にて)
  2. 長方形の油揚げは半分に切り、袋状になるように中を開いておく
  3. なべに「たれ」と油揚げを入れ、落としぶたをして味が染み込むまで煮る
  4. 良く冷ましてから、汁気をほどほどに絞ります。
  5. 2~4枚ごとにラップで包む(重なっても良いが、ぶ厚くならないように)
  6. 冷凍保存用の袋に入れ、日付けをメモ。冷凍庫へ

※解凍は、冷蔵庫で自然解凍または、電子レンジ解凍してください。
解凍後に汁気が多すぎる場合は絞って使いますが、
過剰に絞り過ぎてもジューシーさが失われるのでご注意を。

解凍する時のコツ

保存の仕方や料理によって、解凍方法が変わります。

解凍もしくは、凍ったまま使う : 四角い油揚げ

四角いまま使いたい「いなり寿司」を作るときなどは、解凍してから使います。
冷蔵庫で自然解凍するか、電子レンジで解凍してください。

その際、更に油抜きしたい時はキッチンペーパーで包み直して油を取ると良いでしょう。

細切りにカットして使う場合は、凍ったままでも包丁で切れますので、
好みの幅にカットした後に凍ったまま調理してください。

凍ったまま使う : カットしてあるタイプ

カット油揚げ

例えば味噌汁を作る時、他の具材と一緒に「凍ったまま」投入します。
火の通り難い食材と思って使うと良いでしょう。

※油の多さが気になる場合は、油抜きしてください。

油揚げとさやえんどうのお味噌汁の場合、先に凍ったままの油揚げを煮て
仕上げにさやえんどうを軽く煮る・・・といった具合に時差を付けます。

もっと火の通り難い大根やニンジンなどと一緒に煮る時は、
大根やニンジンがある程度煮えてから油揚げを入れるなど
食材によって調節してくださいね。

油揚げ×さやえんどう味噌汁

淡白な和食に入れると、旨味と味のボリュームがプラスされる油揚げ。
献立のバリエーションも何気に広がります。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ